目の疲れはほっとかないこと!

日頃よく感じる不調として、「目の疲れ」をあげる人は多いと思います。長時間パソコンで作業をしたりゲームをしたり、電車の移動やオフ時間はスマホを見たりする生活で「目が疲れても仕方ない」と思いがちだが、放っておくと深刻な不調を引き起こすことも。。。

「1~2晩よく眠ればたいてい回復する、かすみ目や充血は“疲れ目”の症状。しかし疲れ目を放置すると、目を動かす筋肉の硬直が全身の筋肉に伝わり、血行不良による肩コリや健康不良などを引き起こすこともあるそうです。

そんな、目の疲れを引き金にして起こるさまざまな不調を眼精疲労という。
「目の疲れが原因かも」と思ったあなたは、まずは、最初に眼精疲労に対応した病院で診断を受けること。眼精疲労であれば、治療を受けることで症状が改善することもあります

眼の疲れを治すには、目の毛様体筋や外眼筋の緊張と疲労を取ることが必要です」

自分で疲れを癒す方法はあるのか!?

・洗眼・点眼:目の汚れを洗い、ビタミンB12配合の目薬などを差す

・ホットアイパック:首の下と目を温め、血行を促進

・マッサージ・ツボ押し:目の周り、首、鎖骨などの筋肉をほぐす

 

まずは疲れない予防方法

・お風呂では→目の周りを1分間たたく

湯船につかっている間、目の周りを1分間、軽く指でたたくだけで、血行が促進されて疲れが和らぐ

・夜、スマホを見るなら→必要最低限にして翌朝にチェック

夜のスマホの光は深い眠りを妨げ、目に疲れが残る原因に。必要最低限にして、翌朝にチェックするようにしよう

 

目の疲れからくる不調もあるので、疲れたなと思ったらケアをしてみてください。